せどりで古物商(古物許可書)は必要?いらない?警察署で聞いてきました!

kobutusoyu

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
物販向上主義委員会の阿部良一です。

 

先日以前から気になっていることがあったので警察署に行ってきました。

それは、「古物許可証」についてです。

兼ねてからのよく質問をいただくのがこれです。

 



 

せどりをするのに古物商は必要なのか?

 

 

多分同じような疑問を持っておられる方も多いと思います。

 

Amazonというプラットフォームをメインに販売する我々せどらーは、

古物許可証を取得する必要があるのか?

 

そもそも古物許可証とは何なんでしょう?

 

 

古物商とは?

kobutusoyu

 

 

Wikipediaによると以下のように書かれています。

 

古物商(こぶつしょう)は、古物営業法に規定される古物(中古品および転売を目的とした新品)を、業として売買または交換する業者・個人のことである。 なお、古物をレンタル、リース等する場合であっても、顧客に貸与し、または顧客から返還を受けることが同法の「交換」に該当し、古物商に該当する。 小売を経ていない新品をレンタル等する場合は該当しない。

引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%89%A9%E5%95%86

 

ふむ。なるほど。

 

古物商は、古物を扱う許可を受けた業者のことを指すという訳です。

古物許可書は、
古物を扱うために公安委員会から許可されていることを示すものです。

 

 

問題になるのは、せどりが古物営業に当たるのかと言うことですよね

 

もったいぶっても仕方ないので、結論を言いましょう。

 

 

個人が副業レベルでせどりをするのには、

古物許可証を取得する必要はありません。

 

 

生活安全課の警察官の方に聞いたので、間違いないでしょう。

ただ、せどりがすべて古物営業に該当しないかというとそうではありません。

 

古物営業に該当するものとそうでないものの違いをしっかりわかっておきましょう。

 

 

 

古物許可証が必要な場合とそうでない場合

PAK86_nayamubiz20131223500

 

 

古物営業に当たるのは、

“個人から商品を買い取って”

Amazonやヤフオクなどのプラットフォームで販売する場合です。

 

厳密には、販売だけであれば古物商は必要ありません。

 

 

つまり、例え中古商品を扱っているとして、

リサイクルショップやブックオフなどの店舗から仕入れても、

ヤフオクやフリマアプリなどのネット上で仕入れも、

個人から買い取ったわけではないので、古物営業には当たらないという訳です。

 

 

仕入れはあくまで個人の“購入”であって、“買い取り”ではないというわけです。

 

あくまで、古物営業は

店舗(オンラインも含む)を
持って個人から買い取り・販売業務をしている場合
である


と言う認識だそうです。

 

ネットショップや買い取りサイトを作って
買い取りを行った場合は、古物営業に当たるので、

古物許可書の取得が必要になると言うことです。

 

古物許可証を取らずに、古物営業をしていた場合は、
法律によって罰せられるので注意が必要です。

 

 

おわかりいただけたでしょうか?

以上が、警察署で聞いてきた内容になります。

 

ただ、警察官の方が言うには、
ケースによって多少の違いがある場合があるので、

もし気になる方は、
気軽に最寄りの警察署に相談に来てほしいとのことでした。

 

 

先日紹介した税金の話も今回の古物商の話も、
知らなかったでは済まされない問題です。

せどりをする以上、責任を持ってこれらの知識は頭に入れておくべきでしょう。

 

 

(追伸)

実は今回は、いざ問題になったらめんどくさいから、

とりあえず古物商を取っておこうと思って、警察署に行きました。

驚いたのは、

「古物商の許可を持っていて、
実際に古物営業をしていない場合も問題になる」
というのです。

 

何でもかんでもとりあえず古物商を取ればいいというわけではない
ということも知っておいてください。

 

 

 

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

物販向上主義委員会 公式メールマガジン


l_219
物販向上主義委員会では、公式メールマガジンを運営しています。
こちらのメールマガジンでは、転売に関する最新の情報を定期的に配信しています。

登録特典として独自の検索ツール「Sedorisearch “K”」を無料でお配りしています。

このツールは、本来はパソコンからしか使用する事ができない、
「Keepa – Amazon Price Tracker」をスマートフォンから使用する為の特別ツールです。

モノレートが使用できない時や、データが取得できていない商品を検索する際に使用します。

他にも、定期的にメルマガ登録の皆様限定の情報を配信していきます。

是非、あなたの"物販力"向上にお役立てください。登録お待ちしております。

2 件のコメント

  • 記事拝見しました。
    とても気になっていたことなので参考になりました。
    ありがとうございます。

    そこで、うちの管轄の警察署はどのような解釈なんだろうと警察署へ電話して聞いてみました。

    個人からの直接買い取りではなく、ヤフオクから購入してアマゾンで販売する場合でも古物商は必要なんでしょうか?
    と聞いてみました。

    すると、転売目的ではれば古物商は必要ですと言われてしまいました。><
    警察官により解釈が違うのでしょうか?

    おとなしく申請しようと思います。

    このようなことがありましたのでコメントさせていただきました。

    • こんにちわ。コメントありがとうございます。

      そうですね。もちろんあるに越したことはないと思います。
      グレーな部分なので、警察官によって認識が違うことはあると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です