せどりの失敗しない仕入れ基準とは?ランキングについての考え方!

hakei

 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

物販向上主義委員会の阿部良一です。

 

準備編も終盤に差しかかってきた今回の記事は、
せどり実践編:商品の仕入基準について書いていきます。

 

仕入れ基準というのは、皆さん迷われるところだと思います。

仕入れ基準を間違えると、
大量の不良在庫を抱えることになるので非常に大事な部分です。

では早速いってみましょう。

 



 

上でも少し書きましたが、せどりで最もリスクとなるのは何だと思いますか?

 

仕入れに投資する資金?

 

利益率?

 

それらも考慮する項目ではありますが、正解ではありません。

せどりにおいて最も大きいリスクは、不良在庫を抱えることです。

 

 

不良在庫を抱える = 売れない商品を仕入れた

 

ということになります。

 

FBAを使っていると、在庫保管手数料というものがかかります。

したがって、売れない在庫を多く抱えるというのは非常にマイナスです。

 

不良在庫を0にすることは出来ませんが、
その割合を下げるためにも、
仕入れるかどうか判断する明確な基準が必要です。

 

 

その基準となるものが

Amazonのランキング」「モノレートの波形」です。

ランキングが上位であるものほど、早く売れます。

 

 

Amazonのランキングの秘密

 

 

あなたは、Amazonのランキングの成り立ちをご存知でしょうか?

 

Amazonのランキングは、「本」「CD・DVD」「家電&カメラ」
「ホビー」「ホーム&キッチン」などのカテゴリーランキングと

更に細かい、カテゴリーランキングで構成されています。

 

rannking

 

 

この商品だと、「おもちゃ」のカテゴリで60,001位

更に細かいおもちゃの「バッグ・財布」のカテゴリで、777位ということになります。

 

 

この「カテゴリーランキング」を利用して、
その商品がどれくらいの期間で売れるかを推測できます。

 

 

1ヶ月以内に売れる商品

 

カテゴリーに登録されている商品の総数 ×

 

(例)本

(カテゴリー総数)6,896,500点 × 3%

209,595位以上の商品が、約1ヶ月以内に売れる


3ヶ月以内に売れる商品

 

カテゴリーに登録されている商品の総数 ×

 

(例)ホーム&キッチン

(カテゴリー総数)3,804,726点 × 5%

190,236位以上の商品が、約3ヶ月以内に売れる

 




 

 

カテゴリ別に表にまとめました。

これは、ある程度覚えておいたほうがいいかも知れません。

 

rannkinng

 

 

 

話は変わりまして、どうしたらランキングが上下するすると思いますか?

 

Amazonのランキングは、理論上売れると1位になる(近づく)と言われています。

そして、売れない期間は徐々にランキングが下がっていきます

(他の商品が売れてランキングが上がり相対的に下がる)

 

買った人がいればその都度ランキングは上がり、
誰も買わないと下がっていきます。

短い期間の中で上位に組み込まれる回数が多い商品ほど、
人気があり回転が早い商品です。

 

 

ポイントとしては、

しばらく売れていない商品でも、
最近たまたま商品が売れたら一時的にランキング上位になってしまう

ということです。

 

 

これが、Amazonのランキグだけを基準にして、
仕入れてはいけないと言われる理由です。

 

では、どうすればよいか。

それが、もう一つの仕入れ基準「モノレートの波形」です。

 

 

モノレートの波形とは?

 

 

モノレートの波形とは、その商品のランキングの上下をグラフに表したものです。

以下のモノレートの画面の赤枠の部分のことです。

 

hakeiamashow

 

 

グラフ縦軸の下が0位なので、グラフが下がっている時が売れている時です。

よりジグザグな波形ほどよく売れているということになります。

 

 

hakeikaisetu

※画像の赤丸の部分

 

 

少し見づらいですが、
この商品は3ヶ月間に少なくとも20回以上売れていることになります。

この商品は、かなりの売れ筋商品です。

 

 

モノレートの波形を見ることで、
ランキングよりも詳細にこの商品がどれくらい売れているかを判断することが出来ます。

 

 

極論を言えば、ランキングを一切見なくても、

モノレートの波形が動いていさえいれば、
仕入れるという判断をすることが出来ます。

それだけ仕入れにおいて、モノレートの波形と言うのは大事な要素です。

 

 

 

 

オススメの仕入れ基準は?

 

knngaeru

 

 

オススメの仕入れ基準は、あなたの資金力によって変わってきます

 

 

お金のない人が、
いくら利益が多く取れるとはいえ3ヶ月に1回しか売れていない商品を仕入れたら、
すぐに資金がショートしてしまうでしょう。

 

 

今回は、資金力の弱い初心者せどらーの方に、おすすめの仕入れ基準をお伝えします。

 

 

利益率が20%以上で、

モノレートの波形が3ヶ月で10回以上動いている商品

 

を仕入れてください。ランキングは気にしなくて大丈夫です。

 

この条件で仕入れた商品は、だいたい1〜2ヶ月以内に売れていくでしょう。

出品者の数など、他にも考慮する項目はありますが今回は、
簡単な仕入れ基準をお伝えしました。

 

 

上級編も近いうちに記事にします。

今回の記事を参考に、不良在庫を減らす仕入れを目指してみてください。

 

 

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

物販向上主義委員会 公式メールマガジン


l_219
物販向上主義委員会では、公式メールマガジンを運営しています。
こちらのメールマガジンでは、転売に関する最新の情報を定期的に配信しています。

登録特典として独自の検索ツール「Sedorisearch “K”」を無料でお配りしています。

このツールは、本来はパソコンからしか使用する事ができない、
「Keepa – Amazon Price Tracker」をスマートフォンから使用する為の特別ツールです。

モノレートが使用できない時や、データが取得できていない商品を検索する際に使用します。

他にも、定期的にメルマガ登録の皆様限定の情報を配信していきます。

是非、あなたの"物販力"向上にお役立てください。登録お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です