せどりの税金 確定申告で経費はどこまでOK?家賃や交通費どう?

d9b1c0e3487ea2d39a74efd20f4ccf8e2003addb

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
物販向上主義委員会の阿部良一です。

 

前回の記事を読んでいただいた方から、多くの反響を頂きました。

ありがとうございます。

 

やはり、せどりの税金について不安に感じている人は、
非常に多いようですね。

少しでも、そんな方の力になれればと思います。

 

ただ、ブログで書けることは限られているので、

下の方で紹介している書籍・教材で、
更に詳しく勉強してみてくださいね。

 

 

それでは、今日のテーマは予告していたこちらです。

 

どこまでが経費として落ちるの…?』

 

それでは、張り切っていってみましょう。

 



 

 

『経費』の重要性

d9b1c0e3487ea2d39a74efd20f4ccf8e2003addb

 

 

 

少し前回の復習をしておきましょう。

所得税の計算式はこれでした。

 

 

 

事業の所得=総収入金額ー経費

課税所得=事業の所得ー所得控除

所得税額=課税所得×税率

 

 

所得税を減らすためには、
『課税所得』を減らすことという話をしました。

 

 

課税所得を減らすためには、
1行目の式の『経費』の部分がポイントになります。

 

 

つまり、経費についてしっかり理解し、
対策をしておくことが大事です。

では、具体的に経費の内容について見てきましょう。

 

 

 

 どこまでが経費として落ちるの…?

AL001-eoreonaka20140830500

 

 

言い出したらきりがないので、ブログでは簡単にお話しますね。

 

 

結論から行くと、

基本的に一括30万円以内なら、
せどりに関することなら経費にすることが出来ます。

 

 

具体的に言うと、

家賃・水道光熱費・通信費・交通費・ガソリン代
交際費・セミナー代・教材代・書籍代…


などなどです。

 

 

正確には、家賃や水道光熱費等は、せどりの事業をするために

どれくらいの割合使っているかで、経費にできる割合が変わります。

 

 

 

たとえば、自宅を事務所と兼ねて使っている場合、

家賃8万マンションで4部屋あるうちの
1部屋を事務所として使っている場合、

 

8万÷4=2万

 

つまり、2万円を経費として落とせるということです。

 

 

あくまで、例なのであしからず。

 

 

 

とりあえず、

「これは、
せどりの事業をする際の◯◯◯のためにかかった費用なんです」


と説明できれば、経費にして大丈夫です。

 

 

30万を超える車なども、経費にできますが、

少しややこしい手順が必要なので、ここでは割愛します。

 

 

私も前まで気になっていたのですが、

ブログ執筆のためにカフェに入り、
コーヒーを頼んだ時の代金が経費になるかですが、

事業のための経費なので、経費にすることが可能です。

 

打ち合わせのための、会場代も同じですよね。

 

 

こんなことも気になりませんか?

 

 

 

領収書をもらわなくちゃダメ?

 

 

領収書じゃなくて、レシートで大丈夫です。

 

むしろ領収書では、税務署の人は何に使ったかわからないので、

レシートのほうがありがたいと言われています。

 

 

 

セミナー代など、レシートをもらえない場合は?

 

 

このようなことよくありますよね。

 

たとえば、セミナー後の懇親会の費用なども、

大概はレシートや領収書をもらうことが出来ないと思います。

 

 

このようなときは、100均の出金伝票を使用しましょう。

写真のものは違いますが、ダイソーなどで売っています。

 

394522_3L1

 

手書きでOKなので、このように記載してください。

 

 

 

dennpyou

 

正直、手書きなのでなんとでもなりそうですが、そこは自己責任で。

現実的な、金額を記入しておきましょう。

 

明らかにおかしい金額や明らかにおかしい枚数でない限り、
突っ込まれることはないそうです。

 

 




 

 

いかがでしたでしょうか?

経費について最低限のことは、わかっていただけたんではないかと思います。

 

 

とりあえず、

もらったレシートや保証書は必ず保管しておくべきです!

 

それ以上は、プロの税理士さんに任せましょう。

 

前回紹介した通り、
各都道府県で開催されている無料相談に行かれるのもいいし、

プロの税理士事務所に相談に行くのもいいでしょう。

 

税理士さんの紹介も可能です。
特典もつけられるますので、良ければメッセージください。

 

 

 

最後の部分は税理士さんにお任せするにしても、
最低限の知識は持っておくべきです。

 

 

ブログにて解説したことにプラスαで、
書籍で勉強することをおすすめしています。

 

オススメは、この3冊です。

 

 

税金・確定申告についてのオススメの書籍

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

物販向上主義委員会 公式メールマガジン


l_219
物販向上主義委員会では、公式メールマガジンを運営しています。
こちらのメールマガジンでは、転売に関する最新の情報を定期的に配信しています。

登録特典として独自の検索ツール「Sedorisearch “K”」を無料でお配りしています。

このツールは、本来はパソコンからしか使用する事ができない、
「Keepa – Amazon Price Tracker」をスマートフォンから使用する為の特別ツールです。

モノレートが使用できない時や、データが取得できていない商品を検索する際に使用します。

他にも、定期的にメルマガ登録の皆様限定の情報を配信していきます。

是非、あなたの"物販力"向上にお役立てください。登録お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です