家電せどりの保証書・レシートの管理術!確定申告に影響します!

4poke

 

こんにちは!いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます。

物販向上主義委員会の阿部良一です。

 

前回の記事では、カートボックス取得のためのポイントをまとめました。

今回は、家電せどりをする際に悩む保証書やレシートについて書いていきます。

 

それでは、早速いってみましょう。

 



 

レシートや保証書はどうする?

 

 

家電量販店などで商品を購入すると、商品の保証書や販売証明書をもらいますよね。

中には、商品の中の保証書にハンコを押すパターンもあるようですが。

 

あなたはどう管理していますか?

 

まず、大前提として、レシートや保証書はきっちり管理しましょう!

 

 

レシートは、確定申告の際に使用しますし、保証書はお客様から初期不良などで返品された際に使用します。

取っておかないと、後々わかった初期不良などの時に泣きを見ることになります。

 

 

ちなみに余談ですが、最近電化製品の大手メーカーでは、Amazonの注文伝票の日付で保証してくれるところがほとんどです。

したがって、お客様から保障関連で連絡が来ることはあまりありません。

もしきた場合は、Amazonの購入証明書で保障を受けてくださいと伝えてあげればOKです。

 

 

 

では,どう実際のところどうやって管理するの?

 

 

個人個人様々な管理の方法があると思いますが、日付別で管理しておくのがいいです。

後で探す時探しやすいですし、Excelなどにデータ入力する際も非常に楽でいいです。

 

 

中でも私のオススメはダイソーなどの100均で売っている、4ポケットタイプのクリアファイルです。

 

4poke

 

 

名刺タイプでもいいんですけど、1日に10~20店舗回ると入りきらなくなります。

ということで、私は始めた頃はこんな感じで管理していました。

 

resitokannri

 

 

レシートは回った順番にホッチキスでとめ、保証書とは分けて保管しています。

後で見た時にも非常に見やすく探しやすくて、非常にオススメな管理方法です。

 

 

数が増えてくると、クリアファイルでは対処しきれなくなります。

その際は、大学ノートに見開き1ページを日付別に使用して、左側に経費のレシートを貼り右側に仕入れレシートを貼り管理していました。

確定申告の際も楽なので、上級者には非常にオススメな管理法です。

 

 

ぜひ自分の管理しやすいスタイルを見つけて、しっかりと管理していってくださいね。

 

 

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

物販向上主義委員会 公式メールマガジン


l_219
物販向上主義委員会では、公式メールマガジンを運営しています。
こちらのメールマガジンでは、転売に関する最新の情報を定期的に配信しています。

登録特典として独自の検索ツール「Sedorisearch “K”」を無料でお配りしています。

このツールは、本来はパソコンからしか使用する事ができない、
「Keepa – Amazon Price Tracker」をスマートフォンから使用する為の特別ツールです。

モノレートが使用できない時や、データが取得できていない商品を検索する際に使用します。

他にも、定期的にメルマガ登録の皆様限定の情報を配信していきます。

是非、あなたの"物販力"向上にお役立てください。登録お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です