電脳せどりの仕入先とリサーチの流れを解説!収入アップのポイントは?

30034000064

 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

物販向上主義委員会の阿部良一です。

 

前回の記事で、電脳せどりの概要についてお話しました。

今回は電脳せどりと言っても、どのように利益が出る商品を見つけるか迷うと思うので私が実際に行っているリサーチの流れを紹介します。

 

では、早速いってみましょう。

 



 

電脳せどりでは、リサーチ方法がざっくり2種類あります。

 

1つ目が、ツールを使ったリサーチ方法と

2つ目が、サイトやブラウザの拡張機能を使ってリサーチする方法です。

 

 

今回は、2つ目の方法について書いていきます。

具体的な電脳せどりで使うサイトや拡張機能は、次回以降の記事で書いていきます。

 

 

今回の記事では、主な仕入先と電脳せどりの流れを解説していきます。

まずは、主な仕入先です。

 

 

 

電脳せどりの主な仕入先

 

 

電脳せどりの仕入先は…、ネット上の全てのショップです。

これで終わると怒られそうなので、具体的に書いていきますね(笑)

 

 

家電系

 

ヤマダウェブコム

ビックカメラ.com

ジョーシンWEB

ノジマオンライン

ソフマップ

ヨドバシカメラ

ケーズデンキオンラインショップ

EDIONネットショップ

コジマネット

 




 

 

以上が、家電商品の仕入先です。

全部リンクしたんですけど、見づらいから次からやめますね。

 

ヨドバシカメラのオンラインショップは、送料無料で有名ですよね。

ちなみに、店舗で安かったものはWEBショップでも安い可能性があります。

家電量販店で仕入れが出来た時は、同じ商品を同オンラインショップでもリサーチしてみましょう。

 

 

メディア系

 

・ブックオフオンライン

・駿河屋

・セブンネットショッピング

・楽天ブックス

・TOWER RECORDS

・TSUTAYAオンライン

・フルイチオンライン本店

・HMV

・イーベスト

・新星堂

・ハピネット

 

 

その他

 

・ヤフオク

・楽天オークション

・モバオク

 

・ヤフーショッピング

・楽天市場

・DMM.com

・カルワザオンライン

・セブンネット

 

・トイザらス

・あみあみ

・アニメイトオンラインショップ

・でじたみん

・キャラアニ.com

・プレミアムバンダイ

 




 

 

ズラッと挙げましたが、ここに挙げているのはほんの一部で他にも色々なサイトがあります。

是非、自分だけの仕入先を探してみてください。

 

マイナーなショップほど、美味しかったりしますよ。

 

 

 

電脳せどりリサーチの流れ

 

 

電脳せどりのリサーチの流れは、主に2種類です。

 

●Amazonの商品情報から探す

●ネットショップの価格をAmazonの価格と比較して探す

 

 

どちらの方法もありだと思います。

多分人それぞれやり方があると思いますが、今回は一般的な方法をお伝えします。

 

 

 

Amazonの商品情報から探す

 

 

①Amazonの在庫切れ商品を探す。

 

基本的に狙うのは、Amazonの在庫切れ商品です。

 

Amazonの在庫切れ商品は、非常に需要が大きくAmazonの在庫がなくなり、価格が定価超えしている商品が多いです。

 

では、Amazonの定価超え商品はどうやって探すのでしょう。

CDの初回限定盤を例にしてみます。

 

 

zaikogire

 

 

赤枠の4商品がAmazonの在庫切れ商品です。違いは何でしょう?

 

答えは、価格の割引が書いてあるかないかです。

この部分に着目してリサーチしてみましょう。

 

 

 

②ネットショップやオークションに在庫があり、利益が抜けるかチェック

 

ここで、いくつか便利なサイトやブラウザの拡張機能を使います。

これらはまた別の記事で詳しく解説しますね。

利益が出るかは、Amafeeで確認できますね。

 

【要ブックマーク】せどりで必須の便利なサイトまとめ

 

 

 

③モノレートで波形が動いているかを確認

 

これは、実店舗せどりと同じですよね。

利益が出ても売れなければ意味がありません。

モノレートでしっかりと売れるかどうかを確認しましょう。

 

 

 

④ポイントサイトを経由して商品を仕入れる

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

実際に利益の出る商品を見つけても、すぐに購入するのはもったいないです。

 

必ず、ポイントサイトを経由して購入するようにしましょう。

ポイントサイトとは、ポイントサイトと提携しているショップから

商品を購入すると購入金額の1~3%ほどのポイントが貯まります。

貯めたポイントは、現金や商品券やWEBマネーに交換できます。

 

ハピタス以外にもげん玉やECナビなどがあります。

 

電脳せどりをやる上では必須のサイトなので必ず登録しましょう。

この一手間だけで、1ヶ月・1年で見ると大きな差になってきます。

 

ハピタスの登録は、こちらからどうぞ。

このリンクから登録していただくと、登録特典ポイントが特別にもらえます。

ハピタス

 




 

 

これがAmazonの商品情報から探す際の、大まかなリサーチから購入の流れです。

 

続いては、ネットショップの価格をAmazonの価格と比較して探す時のリサーチの流れです。

 

 

 

ネットショップの価格をAmazonの価格と比較して探す

 

 

①ネットショップの安売りやオークションから利益がとれそうな商品を探す

 

正直これは、慣れと経験が大きいです。

利益が出やすいカテゴリの商品を、片っ端から調べていくというのも方法の一つです。

 

 

②他に安いショップが無いかを探す

 

価格比較サイトやブラウザの拡張機能を使って、他に安い店舗がないかを検索しましょう。

 

幾つか例を挙げてみると、

 

 

価格.com「買ってよかった」をすべてのひとに。

 

kakakukomu

 

Ritlweb

 

ritoru

 

 

ネット在庫ドットコム – 商品検索 & ネットショップの予約・在庫をまとめて確認

 

netzaiko

 

 

 

私が主に使っているのは、上記の3つのサイトです。

中でもRitlwebは141サイトの在庫状況を同時検索できるので、非常にオススメです。

 

以下は、先ほどと同じです。

 

 

③Amafeeで利益率を調べる

 

④モノレートで波形が動いているかを確認

 

⑤ポイントサイトを経由して商品を仕入れる

 

 

 




 

 

どうですかね。

 

なかなかボリュームある記事になってしまいましたが、

だいたいの電脳せどりの流れはお分かりいただけたでしょうか?

 

思ったより地味な作業だと思われたのではないかと思います。

ただ、電脳せどりのポイントは、ハピタスのように一手間を加える事や、これらの作業をいかに効率化するかということです。

 

 

それらのポイントは、次回以降の記事で詳しく解説していこうと思います。

 

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

物販向上主義委員会 公式メールマガジン


l_219
物販向上主義委員会では、公式メールマガジンを運営しています。
こちらのメールマガジンでは、転売に関する最新の情報を定期的に配信しています。

登録特典として独自の検索ツール「Sedorisearch “K”」を無料でお配りしています。

このツールは、本来はパソコンからしか使用する事ができない、
「Keepa – Amazon Price Tracker」をスマートフォンから使用する為の特別ツールです。

モノレートが使用できない時や、データが取得できていない商品を検索する際に使用します。

他にも、定期的にメルマガ登録の皆様限定の情報を配信していきます。

是非、あなたの"物販力"向上にお役立てください。登録お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です