せどりにおける古紙業者からの仕入れについて

 

2012/11/11 昭和町の転売倉庫から

 

お世話になっております阿部です。

秋田はすっかり寒くなってきました。
11月に入り夜の街にも人が出てくると思っていたんですが、
どこを見て回ってもほとんど人通りがありません。

 

もう少しすれば街に人が出てくると思うので、
それまでは我慢の日々が続きそうです。

 

スクリーンショット 2016-01-04 3.26.21

飲食店のほうは12月の繁忙期に向けて、
人材確保を急がなければならないのですが、

求人を出してもキャッチを出してもなかなか良い人材が見つかりません。

誰かいい人がいれば紹介してください・・(笑)

 

物販の方は古紙や古物業者から商品が安定的に入ってくるようになりました。

 

fa7c374691c3b104f8a5d2efdde1b2cf

古物からの商品を保管している、
昭和町の倉庫も物が入りきらなくなってきました。

と言うよりも、仕分けが終わらず出品が溜まっています。

来週も商品が入ってきてしまうので一刻も早く出品しなければなりません。

 

いくら商品の仕入れを行っても、売らなければ1円にもなりません。

何より早く売らないとキャッシュフローがヤバいです。

 

という事で、最近は税理士の息子さん達にアルバイトに来てもらっています。

 

スクリーンショット 2016-01-05 0.32.58

アルバイトさんには、業者から入ってきた商品の分け作業を行ってもらっています。

綺麗な物と汚い物に分けてから、アマゾンで売れる物と売れない物を分けます。
アマゾンで売れる商品は、駅前の事務所に移動して出品→保管をします。

販売する事ができない商品は、業者やゲオなどに販売しています。

 

本やCDは重量があるので、仕分け作業では相当な体力を消耗します。

体力的に大丈夫かなと心配していたのですが、
全員サッカー部なのでその心配は必要なさそうです(笑)

ee990d9c2c4179c9e03420d253fff7b9

業者からの商品仕入れは、原価を安く抑える事はできます。

しかし、仕分け作業や最終処理の事まで考えると、
結局、店舗で自分の基準にあった商品だけを選んで、
ピンポイントで仕入れる方が効率的なのかなとも思います。

 

それでも、商品は安定的に入ってくるので、
転売を事業として考えるのであれば、取り入れるべきかなと思います。

という事で、先ずはとことんやってみようと思います。

何か進展があればメルマガの方でも書かせていただきますね。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

物販向上主義委員会 公式メールマガジン


l_219
物販向上主義委員会では、公式メールマガジンを運営しています。
こちらのメールマガジンでは、転売に関する最新の情報を定期的に配信しています。

登録特典として独自の検索ツール「Sedorisearch “K”」を無料でお配りしています。

このツールは、本来はパソコンからしか使用する事ができない、
「Keepa – Amazon Price Tracker」をスマートフォンから使用する為の特別ツールです。

モノレートが使用できない時や、データが取得できていない商品を検索する際に使用します。

他にも、定期的にメルマガ登録の皆様限定の情報を配信していきます。

是非、あなたの"物販力"向上にお役立てください。登録お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です